長崎くんち「庭見せ」
偶然、通りかかった場所で「くんち庭見せ」に遭遇しました。
庭見せとは、10月3日の夕方から
長崎くんちで使用する衣装や道具を一般公開する前イベントです。

龍踊り 

籠町は江戸時代、唐人屋敷や、唐人荷物庫、唐船の修理場があり
唐人との貿易で発展した町でした。

籠町とは、竹籠を作る町という意味です。
竹籠は江戸時代初期、中国への貿易品の梱包に使われ
竹籠の職人街が形成され
籠町または船籠町と呼ばれていました。
 
奉納踊りの「龍踊(じゃおどり)」は享保元年(1716)頃、
本籠町に伝わりました。

大太鼓には、文政八年酉八月吉日(1825)の銘が確認できます。
昭和32年に名称を「蛇踊」から「龍踊」へ変更しました。

大太鼓

庭見せは多くの市民、観光客で大賑わいでした。

 庭見せ
posted by: ibunka-club | ながさき暮らし | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blog.ibunka-club.net/trackback/4
トラックバック